平成28年度補正 サービス等生産性向上IT導入支援事業補助金

ログイン

※ブックマーク(お気に入り)に追加する場合は本画面を登録してください。

※平成28年度補正事業にご利用いただいていたID・パスワードは使用できなくなりましたので、
「ログインID・パスワードを設定する」よりログインIDとパスワードを設定してください。
ログインID
パスワード
【ログインIDを設定されていない方へ】
2018年3月28日より、サービス等生産性向上IT導入支援事業補助金サイトへのログインにはご自身で設定したログインID・パスワードが必要になります。
ログインIDを設定されていない方は「ログインID・パスワードを設定する」より設定を行ってください。
※ミラサポの企業ID・パスコードは使用できなくなりますので、ご注意下さい。
【重要】
「効果報告ヒヤリングシート」を作成しましたので、IT導入支援事業者と補助事業者の連絡ツールとしてご活用ください。
交付申請時の計画値等を、ポータルサイトのメインページ下部「事務局からのご連絡」欄に掲載しております。
効果報告・後年報告の手引きを熟読してください。
コンソーシアムの場合は、幹事社がコンソーシアム構成員より情報を集約して、効果報告を行ってください。
事業終了後の効果報告について
事業終了後の効果報告は、2017年度末(2018年3月末)から
2021年度末(2022年3月末)までの5年間、生産性向上に係る情報をポータルサイトより入力してください。
初回の効果報告は、2018年4月2日から2018年5月31日の間に、ポータルサイトより行ってください。
早期に実績値を報告することが出来る場合は、締切の5月末を待たず、報告してください。
効果報告期限の延長は、相応の理由が無い限り認められません。
生産性向上に係る情報とは、交付申請時に計画値として提出いただいた下記の情報のことです。
売上
原価
従業員数
年間の勤務時間平均(一人当たり)
(任意)ITツール導入による取組及び効果について
交付申請時に任意の独自指標を設定されている方は、独自指標に基づく数値を合わせて入力してください。
交付申請時の計画値に達しなかった場合は、その理由や対策方法について
記載していただきます。
入力いただいた情報は、国に報告された後、統計的な処理等をされて
匿名性を確保しつつ公表される場合があります。
補助対象となるITツール(ソフトウェア、サービス等)を導入日から一年未満で途中解約した場合は、交付決定取り消し及び全額返金となります。問い合わせフォームより、その旨をご連絡ください。
下記の事項他が理由で、効果報告が行えなくなった場合は事前に問い合わせフォームより、その旨をご連絡ください。
クラウド型で、1年以降の契約を行わなかった場合
目的外の使用、貸付・譲渡、廃棄、債務の担保の用に供す場合
クラウドサービス、ホームページ作成は除く
虚偽報告や不正が発覚した場合は、それに関与した、IT導入支援事業者・補助事業者の名称を、補助金ホームページに掲載する等の措置を講じる場合があります。